東京23区の看護師・介護士の転職支援
cocomedi

お問い合わせ
メニュー
トップ ココメディについて サービス 求人情報 ブログ 事業所案内 お問い合わせ

アーカイブ

ココメディ ブログ

【看護師転職】志望動機別!成功する書き方と例文紹介

 

看護師の方が転職活動をする際に、履歴書の志望動機欄の書き方で悩んだことありませんか?そこで今回は、ケース別に見る、求人に応募する際の履歴書の志望動機の書き方ポイントと、実際にこの書き方で看護師の面接に通り、転職に成功した例文をご紹介します。

 


 

これだけは抑えておきたい書き方の3つのポイント

 

ポイント1:不満はポジティブに変換!積極的な姿勢をみせる!

現在の看護師職務における不平不満は、履歴書の志望動機や面接でも前向きな姿勢で頑張る意思へ変えて伝えることが重要です。求人に採用されたあかつきには、その職場で前向きな姿勢で貢献できることを伝えましょう。

 

ポイント2:自分自身の看護師経験は自分自身の言葉で伝える!

ありきたりの志望動機例文は使用せず、自分の経験してきたことを自分の言葉で表現し、それを転職先で貢献できることを志望動機の中で表現すると、採用側へ好印象を残します。

 

ポイント3:無理なく長く転職先で働ける点をアピール!

採用する側は長く働いてくれるということも採用基準に入れています。だからといって無理をしたアピールは禁物です。最初はパートタイムとして仕事をしたいが、徐々に時間を増やしていけるなど、将来的に期待できる内容を盛り込みましょう。

 

 

ケース別にみる成功する志望動機の例文紹介

 

1.自分の経験から、スキルアップにつながる転職をしたい

看護師として働く中で、「スキルアップしたい!」と感じる方も多いと思います。

 

・認定看護師の資格を取得したけれど、その資格を今の職場で活かせない

・今の病院にはない新たな診療科で、より多くの経験、実績を積みたい

・療養型の病院なので、急性期病院も経験してキャリアアップへ繋げたい

・病棟看護師から地域密着型の訪問看護師へ転職を考えている

 

現在の病院では思うようなスキルアップが図れないようなら、転職することで希望の職務にチャレンジもいいですね。

 

≪例文≫

・これまでの総合病院経験を活かし、今後は、以前から興味のあったICU(オペルーム)に携わりたいと思いました。貴院のICUの実績や施設の充実度に魅力を感じ、志望致しました。

 

・取得した「認定看護師」の資格を活かしつつ、今まで培ってきた知識と経験をより多くの看護師と共有し、貴院の更なる発展に貢献したいと考えております。

 

・今いる病院より規模の大きな病院で、より先進医療に触れて働きたいと思ったためです。

 

・貴院の取り組んでいる新しい分野に挑戦して、多くの知識や手技を身につけたいと考えました。経験を積んで、患者様や一緒に働く人たちの力になれればと思っています。

 

・訪問看護は、在宅でお過ごしの方を支えるとてもやりがいのある仕事だと思っています。訪問看護師として、地域の皆様の生活をサポートしたいと思い、訪問看護ステーションを志望致しました。

 

理由は様々あると思いますが、今より勉強してスキルを高めたいことをアピールしましょう。

 

 

2.人間関係のストレスから解放されたい

「人間関係のストレス」は他業種でもよく聞く転職理由の1つ。看護師も例外ではなく、職場の人間関係に悩んでいる方はとても多いです。

 

・頭痛持ちの上司から、体調不良のたびにキツく当たられる

・人数や経験の関係で、希望したシフトに入ることができない

・上司から面倒な仕事を押し付けられる

・看護師間で派閥ができていて面倒

 

日々ストレスを感じながら働くことは、心と身体にとってかなりの負担です。周囲に相談できる状況が無いのであれば、転職し新しい環境で働くことをおすすめします。しかし、人間関係が転職動機の場合、転職することで今後ポジティブな姿勢で頑張る意思を伝えることが重要です。

 

≪例文≫

・病棟看護師間の風通しが良くなく、悩みや不安を相談しにくい環境でした。貴院では、積極的にコミュニケーションをとり、より風通しの良い職場づくりをしていきたいです。

 

・体調を整えたい

 

・日勤のみで働くことを希望

 

シフトのない固定の曜日で働ける職場を希望

 

事実はライフワークバランスの見直しだとしても、自分が働くことでプラスになるイメージを伝えると良いですね。

 

3.希望する条件で働きたい

勤務条件や制度が整った病院(施設)への転職を希望される方もとても多いです。

 

・仕事量が多く、残業が続いてしまい、思うように帰れない

・有給はたくさんあるが、自分の希望では取れず、子供の行事に参加できない

・給与が思うように上がらない、残業代が出ない

 

待遇への不満から転職を希望した場合も、2の人間関係の理由同様、伝え方には工夫が必要です。正直に「絶対に残業はイヤ!自分の業務以外は担当したくない」と伝えてしまっては、採用側にマイナスな印象を与えてしまいます。

 

≪例文≫

・以前の職場では残業が多く、子供のお迎えに間に合わなかったので、お迎えの時間にも間に合うよう、自宅からも近い貴院を志望致しました。

 

以前の職場では、有給が取得できず、気分転換も図れなかったため、休日が多いこちらの職場でしたら、ワークライフバランスも安定すると思い応募いたしました。

 

・今まで子どもの行事に参加できず、ストレスを抱えたまま勤務してまいりました。土日休みの貴院でしたらそのようなストレスもなく、パフォーマンスの高い仕事ができると考えております。

 

・個人医院だったため、個人的な買い出しなど業務以外で依頼されることや、急な残業が多くありました。効率を意識しながらイキイキ働いていきたいと思います。

 

残業が多かったことや、有給休暇が取れなかったことなど、困った理由はできるだけ具体的に書きましょう。その上で、自分の希望と就職先の条件をすり合わせ、検討しましょう。

 

4.自分にあった働き方をしたい

結婚や出産、育児、転居などライフサイクルの変化により転職を決意する方は多くいらっしゃいます。

 

・育児や家事など家庭の事情で、一度仕事を諦めてしまった

・夫の転勤で仕事を辞めた

・親の介護でフルタイムでは働けなくなった

 

このような場合は正直にそのままを伝えても大丈夫なケースが多く感じます。むしろ、自分の現状を面接先に理解してもらった上で働き始めた方が、お互いに良い環境を作りやすいでしょう。

 

≪例文≫

・現在〇歳児の育児中なので、夜勤に入るのは難しいです。子育て中の看護師さんも多くいて、無理のない範囲で勤務できる貴院の勤務体制に魅力を感じました。

 

・まだ子供が小さいので、夜勤のない施設で働きたいと考えていたところ、御社の募集を拝見しました。子育てと仕事の両立した働き方ができる環境があると考えて御社を志望いたしました。

 

・親の介護があるので、パートタイムとして短時間勤務にしたいと考えていました。貴院の募集内容を拝見して、親の介護との両立ができると考えて志望いたします。

 

まずは、自分自身の希望する勤務条件をリストアップし、それらを満たす求人情報を探しましょう。

 

 

まとめ

看護師の転職でよくある志望動機をご紹介しました!

 

現在の勤務先で感じた不満やストレスは、そのまま伝えるのではなく、“ポジティブ(積極的)な表現”に変えることが大切です。「転職先の希望理由」や「自分自身の経験」を織り交ぜてアピールするような構成にするとよいでしょう。面接する人は、自分たちの病院に就職したら頑張ってくれるかどうかを見ています。「待遇」を志望動機の一番にはせず、「仕事」についてのことを一番に書くようにしましょう。

 

履歴書の書き方のポイントについて、こちらの記事でより詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください!

〈関連記事〉看護師の転職活動、成功は履歴書の書き方で決まる?

 

> スタッフ紹介はこちら