東京23区の看護師・介護士の転職支援
cocomedi

お問い合わせ
メニュー
トップ ココメディについて サービス 求人情報 ブログ 事業所案内 お問い合わせ

アーカイブ

ココメディ ブログ

いじめに悩む看護師が急増中、具体的な解決法とは?

看護師の転職理由として上位にあげられる「人間関係のトラブル」。先輩や上司からの”パワハラ”や、同僚による”いじめ”など、トラブルの実態は千差万別です。

今回は、「人間関係のトラブル」の中でも特に相談件数の多い”いじめ”に焦点を当て、転職により悩みを解決した看護師の事例をご紹介します。現在同じような悩みを抱えている方は、転職を決めたきっかけやその後の変化をぜひ参考にしてみてください。

看護師のいじめ事例

直属の上司に目をつけられ…(Aさん/28歳/総合病院勤務)

病院内の配置換えで「オペナース」となったAさん。自身の希望でもあったため、業務内容を早く覚えようと、積極的に取り組んでいたそうです。

平均よりも早い出世で”妬まれる”ことに

そんなAさんを快く思っていなかったのが、直属の上司である主任のBさん。オペナースとしてはまだ若いAさんに対し、日々細かな注意をするようになりました。注意は日ごとに回数が増え、さらに嫌がらせもされるように…

  • 減菌パックや注射器を用意していると「あなた今触ったでしょ」と言いがかりをつけてくる
  • Aさんがいないところで「Aさんは何もできない」と噂話をする

Aさんが長年夢見ていた「オペナース」として働く日々は、Bさんのせいで辛い毎日となってしまいました。看護師長をはじめ、スタッフから信頼の厚いBさんによるいじめを相談できる存在もいなかったAさんは次第に孤立。結果的に転職を決意します。

新規開業の総合病院へ転職!オペナースとして活躍する毎日

看護師転職サービスを利用し転職活動を始めたAさん、希望地域に総合病院が新規開業することを知り、すぐに応募をしたそうです。オペナースを任されるほどの実力があるAさんはスムーズに内定をもらい、無事転職を果たします。

Aさんのコメント

新規開業だったので、入職者はみんな”同期”のような関係です。年齢層も以前の施設に比べて若いので、日頃の相談もしやすく毎日安心して働けています。

「ここを辞めたら、オペナースとして働けるのはだいぶ先になってしまうかも…」と我慢しかけた転職でしたが、あの時我慢しないで本当に良かったです!ありがとうございました!

同僚から嫌がらせを受けて…(Cさん/24歳/クリニック勤務)

新卒で小規模クリニックに入職したCさん。地元密着型の医院で、院長や先輩看護師の仲も良く人間関係のトラブルで悩むなど思ってもいなかったそうです。

同期の嫉妬が”いじめ”に変わる

しかし、入職後半年で行われた先輩看護師との面談から事態は急変します。同期のDさんから先輩看護師へ「Cさんからの嫌がらせに悩んでいる」との相談があったというのです。もちろんCさんに身に覚えはなく、すぐに否定をしたのですが、先輩・同僚はDさんの味方に。その日から少しずつ”いじめ”が日常化していったそうです。

  • Cさんだけ残業を頼まれる
  • 休憩時間もわざと1人だけ時間をずらされる

結果的に嫌がらせをした事実は無いにもかかわらず、”職場の雰囲気を悪くしている”という理由から、「退職」を勧められてしまったCさんは、退職までの2ヶ月間で転職活動をスタートさせます。

評価制度の整った総合病院へ転職!

小規模クリニックはスタッフ数が少ない分、一度関係が崩れると修復は困難です。Cさんはこの経験を繰り返さないよう、スタッフ数が多い総合病院への転職を希望。勤続年数は短かったものの、「新たな環境で一から学んでいきたい」というCさんの熱意が伝わり無事第一希望の医院へ転職を成功させました。

Cさんのコメント

現在の施設では、同僚は約20名。シフト制で一緒に働くスタッフが毎日入れ替わります。「付かず離れず」の距離感が今の私にとってはちょうどいいです。以前のクリニックには無かった昇進・昇級の評価制度もしっかり整っているので、「3年後に主任」という目標に向けて毎日頑張っています!

転職を勧められた時は悲しかったですが、看護師転職サービスのコンサルタントの方に励まされ、大満足な転職先にめぐり合うことができました。ありがとうございました!

いじめにあった時の対処法は?

職場での”いじめ”に悩んでいたとしても、すぐに転職を決意することはハードルが高いですよね。そのような場合は、まず下記の方法で解決を図りましょう。

1. 上司に相談する

同僚や先輩によるいじめの場合は、主任や看護師長、院長などに相談してみましょう。

2. 配置換えを希望する

規模の大きい施設であれば、担当する診療科を変更することで問題が解決する可能性もあります。

しかし、相談すべき上司がいじめの加害者であるケースや、配置換えが行えない小規模施設の場合は、上記の方法では解決できませんよね。その時は我慢せず転職を選びましょう!

1人で転職は不安…という方はプロに相談しよう!

いじめに悩んで転職を決めた場合、きっと様々な不安がありますよね。

  • 転職先でもいじめに遭ってしまったらどうしよう
  • 現在のお給料が維持できるの?
  • 転職理由を素直に伝えてもいいの?

でも大丈夫!看護師転職のプロ「ココメディ」が展開する「転職支援サービス」を利用すれば、これらの不安はすぐに解決できますよ。

ココメディでは、いじめ・パワハラなどの「人間関係のトラブル」に悩み転職を決意した看護師一人一人にしっかりと寄り添い、希望を踏まえた理想の職場を提案してくれます。

給料・休暇などの雇用条件はもちろん、職場環境に関する情報まで幅広く把握していますので、転職者の強い味方となってくれますよ!ココメディと一緒に新しい環境へチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

> スタッフ紹介はこちら