東京23区の看護師・介護士の転職支援
cocomedi

お問い合わせ
メニュー
トップ ココメディについて サービス 求人情報 ブログ 事業所案内 お問い合わせ

アーカイブ

ココメディ ブログ

【看護師転職】事例から考える”失敗しないためのポイント”とは


転職を決意した看護師の方でも、実際に転職活動を始めてみると、

  • 給与が下がってしまうかもしれない
  • 休みが少なくなってしまうかもしれない
  • 職場の雰囲気が合わなかったり、人間関係で悩んでしまうかもしれない

このような”不安”から、転職自体を迷ってしまうことがあるかと思います。これは当然のことです。新たな環境へのチャレンジは誰でも緊張し、不安に感じるものですよね。

でも、この転職活動中の不安はきちんと解消しておかないといけません。なぜなら、この不安が「転職後の後悔」に繋がってしまうケースがとても多いからです。

今回は、これまで転職をされた看護師の方々のアンケートを元に、転職活動の「失敗事例」をご紹介します。事例とともに、不安を解消する方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

看護師転職の失敗事例

1. 求人票の条件と実際が違う

求人情報に記載されている魅力的な条件を望み転職したにも関わらず、実際に入職してみると”条件通りではなかった”というケース。アンケートの中で最も多い失敗事例です。

  • 「残業なし」と書いてあったのに、実際は色々な理由をつけて残業を頼まれる(28歳/クリニック勤務)
  • 給与イメージの金額は残業代込みで記載されていたので、実際の基本給は前職よりも低かった(32歳/総合病院勤務)
  • 週休二日制のはずが、研修やレポート作成に追われ実際休めない(27歳/総合病院勤務)

注意!求人票は職場環境を保証する契約書ではない

ハローワークの求人票は雇用契約書とは別物です。契約書ではないので、実際の内容と多少違っていても違法というわけではありません。(あまりに過度に事実と異なる場合は、指導がなされることもあります)
給与や休日数が魅力的な場合は、必ずその根拠を確認しましょう。

転職支援サイトやサービスを利用して、第三者の意見を聞こう!

でも、求人票の条件が正しいのかどうか、転職者の立場で質問することは現実的に難しいですよね。そこでおすすめの方法が”転職支援サービスの利用”です。

ココメディでは、求人を行っている各施設の実際の給与額や就業状況、職場の雰囲気などあらゆる情報を把握しています。施設側が一方的に提示する求人票に比べ、看護師の立場に立った第三者による評価ですので、信頼性は十分!

また、万が一雇用契約書の内容と実際の就労状況が異なった場合は、ココメディのコーディネーターが転職者の味方となり、問題解決に向けサポートを行ってくれます。転職直後の看護師にとって安心なサービスですよね。


2. 雰囲気に馴染めない

給与や休日数などの条件面に満足した転職であっても、いざ働いてみると職場の雰囲気に馴染めず後悔してしまうケースもあるようです。

  • 看護師の中で派閥があり、休憩の取り方に気を使う(33歳/総合病院勤務)
  • 医師と看護師のコミュニケーションが取れておらず、いつもピリピリしている(26歳/総合病院勤務)

人間関係は実際に働いてみないとわからない部分ではありますが、「こんなことなら転職しなければ良かった…」と再転職を考えることにならないよう、最低限のチェックはしておきましょう。

常に求人募集を行っている医療施設や病院は要注意!

基本的に、雇用条件が良い職場の離職率は低いものです。求人票に記載されている条件が良いにもかかわらず長い期間求人募集を行っているということは、それだけ離職者が多いということです。
また、新規開業の施設以外で大量に採用を行っている場合も注意しましょう。過去の実績から、離職を見込んで採用人数を多くしていることが考えられます。

転職のプロに職場の雰囲気や人間関係を相談しよう!

前述した通り、転職支援サービスでは、各施設のあらゆる情報を把握しています。条件面で魅力的な施設であってもすぐに決断せず、一度専門のサービスへ相談することで転職の失敗は避けることができます。


事例の”共通点”からわかる失敗しないためのポイントは

失敗事例を見てみると、以下の共通点があることがわかります。

  • 求人票に書かれている情報を鵜呑みにし、きちんと確認しなかった
  • 自分一人で転職先を決めた

1. 魅力的な求人情報は根拠を確認しよう

求人票に書かれている情報は確かに魅力的です。正直に情報を載せている施設が大半ではありますが、中には応募数を増やすために誇張した表現となっている施設もあるということを忘れてはいけません。
魅了的な情報に関しては「なぜこんなに良い条件を出せるのか?」と、その”根拠”を確認しておくようにしましょう。

2. 1人で決断する前に、相談しよう!

そして、転職先を決める際には、自分一人で決断せず第三者に相談することをおすすめします。相談することで一度気持ちが冷静になり、誤った判断を防ぐことができるでしょう。

不安を解消する転職先は必ず見つかる!

転職後に後悔しないためには、”転職活動中に感じた不安をしっかり解消できる転職先を見つけること”が大切ですが、「早く転職先を見つけなきゃ…」といった焦りから、判断が不十分なまま転職先を決めてしまう方も多くいらっしゃいます。転職を決めた理由はもちろんですが、転職活動中に感じた不安についても、しっかりと解決できる転職先を選択しましょう!

「でも、そんな希望条件通りの転職先なんて見つかるの?」と疑問に感じている方は、ぜひココメディへご登録してみてください!希望条件を満たす転職先を一緒に探し、転職活動中から転職後まで、あなたの不安解消を親身にサポートしてくれますよ!

> スタッフ紹介はこちら