東京23区の看護師・介護士の転職支援
cocomedi

お問い合わせ
メニュー
トップ ココメディについて サービス 求人情報 ブログ 事業所案内 お問い合わせ

アーカイブ

ココメディ ブログ

【介護転職】40代が介護職への転職で成功する理由とは


「40代の転職」と聞いて、皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか。専門職・技術職や、華やかな経歴がある場合を除き、一般的には”ハードルが高い”という印象が強いかもしれません。

実際に、終身雇用の文化が根強い日本では、40代以降の転職は難しい現状があります。もちろん例外はありますが、書類選考で落ちてしまうケースが大半と言っても過言ではありません。

しかし、介護の分野においては「40代の転職」は歓迎されています。介護職が未経験であっても、中にはこれまでの職歴や経験を活かし「施設長(管理者)」など責任あるポストで活躍されている方もいらっしゃいます。仕事をしながら資格も取得できますし、成功したと感じられるケースも多いと思います。

そこで今回は、介護分野で40代の転職が歓迎される理由について、詳しくご紹介したいと思います。

40代の介護職員は業界では若手でキャリアの伸びしろがある

入学卒業など子育てが一段落したという理由で介護の仕事を始める方も多いので、40代は決して遅いスタートではありません。介護サービスの仕事をしている方の年齢層は比較的高めです。中には70代でも現役で活躍している方も!きちんとした技術や知識を身につけていれば長く介護業界で活躍することも可能です。

また、これまでの職歴や生活の中で培った「コミュニケーション能力」や「人生経験」は介護という人と接する仕事においては強力な武器になります。

40代以上でも安心の給与水準

「介護職」について、賃金の低さや昇進・昇給が無いなどのマイナスイメージをお持ちの方はまだまだ多いようです。

  • 仕事のわりに低賃金で昇給も少ない
  • ボーナスが出ない
  • 資格がなければ評価されない
  • キャリアパスが不透明
  • 正社員になれない

このような”イメージ”だけで介護職を敬遠されているとしたら、それは大きな間違いです!

処遇改善で賃金アップ!賞与支給率も上昇中

介護職はこれまで”低賃金の代表格”と言われ続けてきましたが、高齢社会に伴う需要増と人手不足による人員減を打開すべく、厚生労働省が中心となり「処遇改善」が行われてきました。

特に、「介護職員処遇改善加算」は大きく、ここ数年で介護職員全体の平均給与は約2万円増加しています。

厚生労働省「平成28年介護従事者処遇状況等調査結果」

 

資格取得の支援があり、取得後も評価されやすい

給与面だけではありません。近年では介護従事者の”長期キャリア化”を進める動きも強まっており、その一環として様々な支援策が打ち出されています。

介護系資格も種類が増え、キャリアパスと連動し資格取得を目指す仕組みとなっています。国も支援費用を供出することで資格取得を促進しており、”働きながらキャリアを積める”分野に変化してきているのです。

介護士からケアマネジャーへ、などキャリアパスが描きやすい

40代で転職を決断した背景には、様々な理由があると思います。実際に40代以上で介護職に転職した方の理由には、下記のようなものがありました。

  • 毎日の通勤がストレス…自宅から近い職場で働きたいと考えていた
  • 母親の介護が必要になったが、あまり休みが取れない業種だったため
  • 日々売上や契約獲得を求められ、疲弊してしまった

これまでご紹介した通り、介護職は年齢や経験の有無を問わず、広く人材募集を行っています。そのため、自宅から近い施設に勤めることもできますし、ご家庭の事情に合わせた勤務形態で働くことも可能です。

また、「介護職」と一言で言ってもその業務内容は多様です。施設介護なのか在宅介護なのか、介護サービスの種類によって利用者への介護の内容や対応の介護度が異なりますので、求められる知識やケア方法も変わってきます。

施設介護の内容

特別養護老人ホーム 入居者に対して食事介助や入浴・排泄、日常生活における生活支援サービス、リハビリ、レクリエーションを通した機能訓練などの介護サービスを行う。
有料老人ホーム 住宅型や介護サービス付きなどがあり、提供する介護サービスは施設によって異なる。
介護老人保健施設 食事や入浴、排泄などの日常生活のサポートや、療養上のケアやリハビリなどの機能訓練を提供し、入居者が在宅復帰するまでをサポートする。
(認知症型)グループホーム 生活支援サービスのほか、リハビリやレクリエーションの機能訓練を行う。認知症の進行を穏やかにし健康的な暮らしができるようサポートする。
サービス付き高齢者向け住宅 安否確認サービス・生活相談サービスの2つが義務付けられている。基本的には介護サービスは提供されないが、近年では施設によって異なる。
ケアハウス(軽費老人ホーム) 軽費老人ホームA型・B型・ケアハウス(C型)の3種。また「介護型」と「自立型」に分けられ、それぞれで提供されるサービスが異なる。
小規模多機能型居宅介護 施設への「通い」、短期間の「宿泊」、自宅への「訪問」などを組み合わせ、サービスを提供。
利用者が自立した日常生活を送れるようサポートを行う。
ショートステイ 特別養護老人ホームなどに併設されている「併設型」と、ショートステイ専門の「単独型」がある。リハビリなど医療サービスが受けられるものや、生活介護・機能訓練が受けられる施設も。

 

在宅介護の内容

訪問介護(夜間対応型・定期巡回随時対応型) 利用者の生活に合わせ決められた時間にご自宅へ訪問し介護サービスを提供。
訪問入浴介護 自宅の浴槽での入浴が困難な方に対し浴槽を積んだ入浴車で居宅へ訪問。全身浴・部分浴・更衣などをサポートする。
通所介護(デイサービスセンター) 日帰りの介護サービス。入浴や食事、機能訓練、レクリエーションなどを提供し、利用者の家族の負担を軽減する。
通所リハビリテーション(デイケア) リハビリが主な目的。デイサービスに比べより医学的・専門的なサービスを提供する。

未経験であっても段階的に仕事に対する自信をつけていくことができる職場はたくさんあります。経験を積みながら介護福祉士の資格を取り、その後ケアマネジャーとしてさらに活躍の場を広げていくことも可能です。どのような仕事が自分のキャリアアップに向いているのか一緒に探してみてはいかがでしょうか?

介護業界専門の転職支援サービスからサポートを受けることができる

一般的にハードルが高いイメージがある「40代での転職」ですが、介護業界にこのように歓迎されています。でも、歓迎されているからといって、全く知識のない分野へ挑戦するのは正直不安ですよね。

どのような施設・業務が自分に合っているのか、これまでの経験を活かせる勤務先はあるのか、など細かな疑問に答えてくれるサービスがあったら心強いのではないでしょうか。

「ココメディ」では、看護師や介護士の転職希望者に実際に看護・介護職の経験者がコーディネーターとして就職・転職をサポートします。介護業界について、どんな資格が自分に向いているかなど、経験者ならではの情報提供やアドバイスが可能です。介護職への転職はぜひココメディへ相談してみましょう!

> スタッフ紹介はこちら