東京23区の看護師・介護士の転職支援
cocomedi

お問い合わせ
メニュー
トップ ココメディについて サービス 求人情報 ブログ 事業所案内 お問い合わせ

アーカイブ

ココメディ ブログ

介護職の転職を成功に導く「履歴書」の書き方

今回は、介護業界への転職を目指す皆様に「採用につながる履歴書の書き方」をご紹介します。

人事担当者に興味を持ってもらえるよう、履歴書も”工夫”が必要です。ポイントを押さえて、自分自身のアピールポイントを効果的に伝えましょう!

手書きとパソコン作成、どちらが良いの?

履歴書の作成、意外と時間がかかる作業ですよね。「書き損じで何度も履歴書を購入した…」という経験がある方も多いかもしれません。

近年では転職サイトのフォーム等で履歴書を作成し、複数の企業へ一括で応募ができるサービスも人気が高まってきていますが、「パソコンで作った履歴書では熱意が伝わらない」「手書きの方が好印象」などの意見もあるようです。

結局「手書き」と「パソコン」どちらが良いのでしょうか?

手書きとパソコンのメリット・デメリットは?

手書きとパソコン、どちらもメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
手書き 丁寧な印象を与える
時間をかけて作成したことが伝わる
字の綺麗さ(汚さ)で印象が変わってしまう可能性がある
複数応募する場合作成に時間がかかる
パソコン 字の綺麗さ(汚さ)は関係ない
複数応募の場合、作成時間を短縮できる
パソコンスキルがアピールできる
熱意が伝わりづらい(という意見もある)

正解は志望先の募集要項の通りにすること!

「手書き」と「パソコン」それぞれにメリット・デメリットがありましたが、結論としては、志望先の募集要項にある「応募方法」や人事採用の担当者の指示の通りにすることが正解です。

一般的な履歴書で作成し郵送や面接当日に持参としている場合は、手書き・パソコンどちらでもOKです。最近では、事業所オリジナルのフォーマットを指定しているケースもあります。指定フォーマットに入力の上、WEB上でエントリーとなっている場合は、パソコンで作成したファイルの方が見やすいでしょう。

大切なことは”志望先の指定通りの方法で応募しているか”という点です。募集要項をきちんと確認し、その通りに応募ができてないという時点で「採用側の意図を汲んでいない」「指示通り動けない」と言ったマイナスの印象を持たれてしまう可能性があります。

「手書き」か「パソコン作成」で悩んだ場合は、もう一度募集要項をきちんと確認してみましょう。

使いまわしの履歴書は見破られる!

介護業界の中で複数の事業所へ履歴書を提出する場合、志望動機や転職理由を全て使いまわししている方も見受けられますが、その場合、”介護業界全体に共通する内容”しか触れていないため、印象が弱くなってしまいます。自身が面接に行く事業所の「介護サービス」についての志望動機を記入すると良いでしょう。

また、以前不採用になってしまった時に返却された履歴書をそのまま次の面接先に提出したり、加筆して再利用する人がいますが、記入日と面接日が離れていたり、志望動機におかしさがでたりと違和感が生じます。履歴書はあなたをアピールする大切なツールです。面倒と思わず、面接に合わせてきちんと用意しましょう。

  • 様々な形態がある介護業界の中でなぜその事業所(介護サービス)へ転職したいのか
  • 志望する事業所のどのような点に魅力を感じたのか

上記のように、志望先ごとに具体的な内容を記載するようにしましょう。

BAD GOOD
介護分野に興味をもち志望いたしました。 母のケアをする中で、介護について専門的に学びたいという気持ちが強くなり、志望いたしました。デイケアと老人ホームが併設している貴所で幅広く介護職の経験を積んでいきたいと考えています。
パートで働ける事業所を探していたので、募集が出てすぐに応募いたしました。 近所に住んでいるため、日頃から「スタッフの皆さんが明るく働かれているな」という印象を持っていました。正社員・パート問わずコミュニケーションが取れている職場が理想ですので、志望いたしました。

基本的なルールは押さえておこう

その他、履歴書についての基本的なルールは下記のとおりです。

証明写真は自然な笑顔で

証明写真は、スーツもしくはジャケット着用で撮影したものを使用しましょう。女性の場合、過度なアクセサリーや濃いメイクはあまり印象が良くありません。ナチュラルメイク・自然な笑顔で安心感のある写真を心がけましょう。

学歴・職歴・資格欄は正式名称で

学歴は中学卒業から記入します。学校名や企業名、資格の名称などは略さずに正式名称で記載しましょう。職歴が多い場合、別途職務経歴書などを提出するとわかりやすいです。

備考欄は簡潔に

履歴書の最後にある備考欄には、「希望する勤務地(勤務地候補が複数ある場合)」や「夜勤についての希望」を記載します。譲れない条件がある場合は、備考欄に記載しておくことで入職後のミスマッチを避けることができますので、忘れずに記載しておきましょう。

ただし、当たり前のことですがあまりにも多くの要望や求人票で決められている募集内容以上の要望を記載することは控えましょう。

最後に

履歴書の良し悪しは採用に影響します。特に複数の事業所へ履歴書を提出する場合の”使い回し”は印象が良くありません。きちんと事業所ごとに具体的な内容で記載するようにしましょう。

> スタッフ紹介はこちら