東京23区の看護師・介護士の転職支援
cocomedi

お問い合わせ
メニュー
トップ ココメディについて サービス 求人情報 ブログ 事業所案内 お問い合わせ

アーカイブ

ココメディ ブログ

介護職の転職で高収入を目指そう!押さえておくべきポイントは?

「低賃金」のイメージが強い介護職ですが、近年ではこのイメージを払拭しようと業界全体で改革が進められています。

今回は、介護職で高収入を得るために必要なポイントについて解説します。

介護職の平均年収は?

厚生労働省が発行する「賃金構造基本統計調査」によると、介護職の平均年収は「312万円」。サラリーマンの平均年収「400万円」に比べ、かなり低い水準です。賞与についても平均支給額は「給与の1〜1.5か月分」であり、他業種に比べ低い結果となっています。

人材不足問題の解決に向け、様々な改革が進められているのは事実ですが、実際に平均年収が他業種レベルに引き上げられるには時間がかかると考えられます。

介護職で高収入を目指すなら「キャリアパス」を!

では、介護職で高収入を得たいと考えた場合、どうすれば良いのでしょうか?ポイントは「キャリアパス」です。

介護職では「資格」取得は総じて評価されます。介護職の登竜門とも言える「介護職員初任者研修」についても、多くの事業所で「資格手当」が付与されるのです。

その他、資格手当が支給されるケースは以下のとおりです。

  • 介護職員実務者研修(より実践的な知識を身につける)
  • 介護福祉士(現場経験とカリキュラム受講でより専門性を高める)
  • ケアマネージャー(現場経験を生かし、地域との連携も図る)

「介護福祉士」や「ケアマネージャー」の資格を取得することで、無資格のまま勤続年数を重ねるよりも平均年収は大幅にUPします。例えば、ケアマネージャーの平均年収は「377万円」です。一般的な介護職員と比較しすると随分年収が高くなりますよね。介護職で高収入を目指すのであれば、資格取得によりキャリアパスは必須と言えます。

〈関連記事〉介護職に必要な資格は?転職前に取得しておくと有利!

資格手当の有無に注意

事業所によっては、資格手当を支給していないところもあります。その他、下記のケースなどにも注意しましょう。

  • 資格手当が相場よりも低い
  • 介護福祉士と無資格者が実質同じ業務を行っている
  • ケアマネージャーなど有資格者の枠が埋まっている

この様な場合、せっかく取得した資格が正当に評価されません。転職先を選ぶ際はこの点に注意しましょう。

理想的な転職先を探す方法

介護職で高収入を目指すためには、資格取得によるキャリアパス制度が整っている事業所で働くことが必要となります。では、キャリアパス制度が整っている事業所を探すためにはどのような方法があるのでしょうか。

求人情報に、人事評価制度や年収パターンを記載している事業所もあります。または、志望者向けに施設見学を行っているような事業所では、見学の際に質問してみるのも一つの手です。その他の方法としては、”介護業界の転職情報に強いサービスを利用する”というのもオススメです。

転職支援サービスのメリット

業界専門の転職支援サービスでは、一般に公開されていない求人情報を知ることができます。また、資格手当を始めとする各種手当が充実している好条件な求人はもちろん、職場環境も安心できる施設の求人が多い点が特長です。

雇用後のミスマッチを避けられる

「求人情報では良い点ばかりが書かれていたけど、実態は全然違った…」というケースも、転職では多く発生します。

しかし、転職支援サービスを利用することで、このような転職後のミスマッチは避けられます。ココメディでは、多くの事業所の中から、転職者の”希望に合う”オススメの求人を紹介しています。

最後に

「介護職=低賃金」というイメージは”過去のもの”になりつつあります。

今後さらに拡大が見込まれる介護業界へ転職を検討中ならば、無資格のまま働き始めるのではなく、まずは資格を取得し長期的なキャリアパスを計画しましょう。また、転職時には「手当」についての確認は忘れずに行うことが大切です。

> スタッフ紹介はこちら