東京23区の看護師・介護士の転職支援
cocomedi

お問い合わせ
メニュー
トップ ココメディについて サービス 求人情報 ブログ 事業所案内 お問い合わせ

アーカイブ

ココメディ ブログ

卒業式🌸

みなさん、お久しぶりです、こんにちは😃

花粉が飛ぶ大変な季節になりましたね💦

私はアレルギー今はないのですが、昔はアトピーに悩まされていたこともありました😂

さて、既に私は子供たちよりも一足早く、春休みに入っているのですが、その前に、先輩方の卒業式に参加させていただきました

私は朝からコサージュをつける係として、卒業生の胸にお一人お一人付けさせていただき

あまりにも早く自分も卒業したいから、友達とコサージュ付けてみようとしたら、先生からNG🙅‍♀️が

当たり前ですね笑

とにかく、みなさん本当に晴れ晴れしていて

堂々とされていました

私も2年後、そうなっていたいな👩‍🎓

卒業式の後は、退職される先生が発表されました

なんと、若い30代の先生が2人も辞められるとのことで、その中の1人は、私の先の実習担当された先生でした

最終日、メンバー同士で良いところを言い合い、みんなで涙したあの実習です

先生は数日、諸々用があり、急遽別の先生が入って下さるなど、とにかく忙しそうで

でも仕事が大好きなんだなぁと、一緒に援助している時感じました

辞められる先生方2人とも、家庭の事情とのことで、私の実習担当の先生は今年の春に小学校に上がるお子さんが居て

小学校は大変かな?と実習中に私に聞いてきていました

小学校の壁とかありますよね

もう1人の先生も、お子さんがまだ小さかったような、、、

女性って、本当に色んなイベントが人生の中であるから、諦めないといけない事も多いと感じます

実習担当の先生がご挨拶の中で、茨木のり子さんという方の、「自分の感受性くらい」という詩を、私たち生徒に贈ってくださいました

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

自分の感受性ぐらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて



気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか



苛立つのを

近親のせいにするな

なにもかも下手だったのはわたくし



初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが ひよわな志にすぎなかった



駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄



自分の感受性ぐらい

自分で守れ

ばかものよ茨木のり子

詩集「自分の感受性ぐらい」(1977刊)所収

「現代詩文庫」思潮社にも収録

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

やっぱり色々あるんですよね、学校に行き始めてから、新しい人間関係、勉強、実習、、、

この詩は正に今の私に言われている気がして、ドキッとしました

先生が辞められちゃうのは寂しいけど、今後もっとたくさん色んなことあるんだろうけど、初心を忘れないように頑張っていきます‼️

今まで白髪なかったのに、白髪がでてきました、、、

※トップ画像は、春休みの課題で作ったキワニス(小児科で使われる人形)です

hiromi

> スタッフ紹介はこちら